業務用エアコンを使用する際の注意点

飲食店や各種店舗、ビルやテナントといったように業務用の室内には多くの人の出入りがあります。さまざまな人が常時利用することで、近年の暑い夏場も極寒の冬場も、常時快適な空間にしておくことが求められています。このような場に設置をする空調機器は、一般ご家庭の機器とは違って、広い空間で対応できる馬力や、常時稼働に対する耐久性が優れた空調機器が求められることになりますので、業務用エアコンというカテゴリーとなります。業務用エアコンは各メーカーからたくさん開発されていますので、選ぶ機種が部屋のサイズや収容人数に合っているかなどをよく考えて選ばなければ、返って稼働する時の費用が高くなってしまい、コストパフォーマンスが悪くなってしまうことがあります。商業施設などで長い目でみますと、経費に大きな負担となりますので、最適な機種選びをしたいものです。

各メーカーからいろいろな業務用エアコンが販売されている

業務用エアコンは各メーカーから、いろいろな機種が販売されています。大別しますと、部屋に設置をする時に、従来のような壁掛けタイプと、天井の中に本体が組み込まれている、天井カセット型エアコンなどがあります。特に天井の中に本体が入っているタイプには機器のおうとつが目立たないことで、設置後も室内の雰囲気がスッキリとしていますので、お部屋の雰囲気を重視する業務用エアコンとして近年では人気があるタイプです。また両方ともに各メーカーが製品開発に力を入れていますので、機能の面では年々優れてきていますし、昔は大きかった機種が近年はコンパクトサイズになっていることが多いです。予算内に収まるのであれば、新しい機種ほど充実していますし、天井型の方が従来型よりも値段が高いことが多いですが、室内の雰囲気も壊れませんのでおすすめできる機種タイプです。

業務用エアコンは室内にとって効果的な機種を選ぶ

天井カセット型は現在では業務用エアコンとしての主流となっていますので、店舗、事務所、ビルなどさまざまな場所で利用されています。天井カセット型のエアコンは、その形によってまたいろいろな種類があります。吹き出し口がひとつだけのタイプ、吹き出し口が2方向に付いたタイプ、吹出し口が4方向に付いたタイプというように、吹き出しの数によって種類タイプが違います。吹き出し口の数や風向きの違いによって、部屋の気流や風の強さに違いが出てきますので、見た目は室内で目立たなかったとしても、室内状況によって最適な機種を選ぶことが大切です。従来型のエアコンを含めて不付している機能の違いも比較しながら、最適な種類を選ぶためにも、専門の業者のサポートを受けて空調効果が最適になるような設置場所や機種を選ぶことをおすすめします。