業務用エアコンはこのような便利な機能もあります

夏は暑く冬は寒い、それが日本です。夏は暑いし湿気が多く、冬は寒いし乾燥しています。そういった環境を快適にする為に、室内にはエアコンがとりつけられています。家庭用のエアコンは通常壁掛けタイプで、部屋の一方向の壁に取り付けられます。そこから夏は冷たい風を、冬は暖かい風を送り出します。除湿機能もあります。通常の家庭ではこの様に家庭用エアコンで十分ですし、不足していても扇風機や加湿器などでカバーできます。しかし空間が広くなれば、それだけエアコンのパワーが必要です。家庭用も、部屋の広さによってパワーが選べますね。それと同じです。家庭用よりもパワーが強いと言えば、業務用エアコンです。エアコンは部屋を快適にしてくれますので、しっかりと選びたいですね。では、いくつかご紹介しましょう。

業務用エアコンの種類について解説します

一口に業務用エアコンと言っても、種類があります。家庭用には壁掛けタイプしかありませんが、業務用には壁掛けの他にさまざまな種類があります。まずは壁掛けタイプと似ている、天井吊り下げタイプです。似ていますが、こちらは天井から吊り下げるタイプです。他には、よく目にする天井埋め込みタイプがあります。これは吹き出し口が1方向、2方向、4方向、全方向のものがあります。吹き出し口が多い程、空調にムラが無くなります。また、天井と一体になる為、景観が保たれます。その為、インテリア重視の店舗やレストランなどでよく利用されます。床置きタイプのエアコンは、天井が高い部屋によく設置されます。天井が高いと風が足元まで行かない為、床置きタイプが重宝されるのです。これらの特徴を理解した上で、選んでいく事が大切です。

業務用エアコンの機能と選び方について

業務用エアコンには、家庭用エアコンと同じ様にメーカーそれぞれの機能がついているものもあります。例えば、ウィルスなどを抑制してくれたり、人のいる場所を検知してくれたり、臭いを抑えてくれたり、風が直接当たらない様にしてくれたりします。それらの機能や置く場所によって、エアコンを選んでいく必要があります。選び方に関しては、まずは目的と部屋の広さから絞り込みます。インテリア重視したいのであれば天井埋め込みタイプですし、そこまででなければ壁掛けタイプか吊り下げタイプ、という具合です。そして、メーカーによって費用やサポート体制などが違うので、そのあたりも考慮して考えていきましょう。空調は快適な生活を送る上で欠かせないものです。しっかりと選んで快適に過ごせる空間を作っていきましょう。