個人用もある冷凍車

難解なシステムを搭載している冷凍車です。当然かもしれませんが電気系統の不具合が通常のトラックよりも若干多いです。その点だけはデメリットと言えます。気を付ける部分も増えるので、経費も余分に必要になってくるデメリットもあると言えそうです。普段の取り扱いもデリケートに行なう必要があります。
冷凍車のエンジンを停止したのと同時に冷凍装置の電源も停止しては意味が無いため、最近の冷凍車は特に大きなモデルになると、冷凍機能の電源が車体の主電源とは別個で設けられています。中にはハイブリッドの蓄電源をエンジンストップ時の電源に利用している冷凍車もあります。

軽トラックの冷凍車からワンボックスタイプ、1.5トン、2トンロング、3トンロング、4トンロングウイングなどバラエティー豊かなサイズの冷凍車が存在します。新型だけでなく中古車であってもいろいろなサイズがあるので、お手軽に冷凍車を保有したい時は、中古でも何ら問題など無いです。
幅広い温度の設定が可能な最新の冷凍車です。0℃も可能ですし最低でマイナス25℃くらいまで冷やせます。マイナス25℃程度が必要な食品と言えば、冷凍肉類や冷凍の魚、アイスなどです。マイナス25℃程度まで下げられるタイプを超低温冷凍車と言います。荷によってはそこまで温度を下げる必要はないです。
当たり前ですが燃費効率が余りよくはない冷凍車です。通常のトラック、例えばいすゞ自動車の4トントラックならば平均で7.4キロほどです。しかし、冷凍車となると、燃費はそれよりは落ちてしまいます。ただし、近年ではハイブリッドタイプの冷凍車が開発されたので、燃費効率は少し向上しました。

荷台の中を氷点下に下げたまま食品などを運送できる冷凍車です。自家用車に搭載された冷房装置と似たような機器がコンテナの内側にも別に用意されています。走行中は当然ですが、一部の車種ではトラックを停め、エンジンを止めた状態でも、冷凍機能が予備の電源で継続するようにできています。
基本的に冷凍車は、アイドリングストップ条例から除外されています。エンジンをストップすると、エンジンの回転がストップし、冷凍用のコンプレッサーもストップしてしまいます。冷凍装置が止まってしまわないように、駐車中もエンジンは放置状態になります。もちろん現代は外部電源を積んでいて、エンジンが停止していても冷え続ける冷凍車も存在します。
スペックをきちんとチェックして冷凍車を選ぶようにして下さい。冷凍車にも数多くの種類があり、大きさだけではなく冷凍できる性能がそれぞれの車両で違うので、使用する用途に合わせるようにして、一番良い冷凍車をチョイスして購入しなければいけないのです。